2017
03.29
部屋のレイアウト 掃除

5つのポイントから見つける 掃除がしやすい部屋のレイアウト 

部屋は掃除がしやすいに越したことがない。誰もがそう思いますね。今日のお話はそんな部屋のレイアウトに出会いたい!という人のために探すポイントをご紹介いたします。

バリアフリーである

部屋のレイアウト 掃除

ゴォーと掃除機をかけて、ドアの枠に引っかかったりすると掃除機がゴロンと横倒しになってしまう、そんな経験はありませんか?また、ほうきでせっかく掃いても、部屋の扉ごとに一回ちりとりで取らなければいけないなど、そのドアの枠が邪魔に思うことは、皆さんも経験があるかと思います。今ではドアの枠もなく、床がバリアフリーになっている部屋が増えました。まずは最低限バリアフリーの部屋を探しましょう。

カクカクしていないレイアウト

部屋のレイアウト 掃除

壁や部屋のレイアウトで、不必要に角やデッドスペースを作っている部屋があります。構造的に必要な時もありますが、これは果たして何故ここに?という部屋も見かけます。一瞬、面白いレイアウトと興味が湧きますが、結局ムダなスペースになり有効的に使えないことも多々。掃除も行き届かないことになりがちですので、角が変形の部屋のレイアウトは注意ですね。

カーペットは●●の温床

部屋のレイアウト 掃除

いくら最強の掃除機があっても床がカーペット素材ですと、掃除の手間も菌の除去も大変です。またシミなどにも気をつかいますのでレイアウトで全面にカーペットが敷かれていたら、まず一呼吸おいて考えましょう。フローリングの何倍も掃除が大変です。

水周りと水はけの方向

部屋のレイアウト 掃除

以前、住んでいた古い1軒家のユニットバスの床が斜めに傾いていたことがありました。水を流すと、排水溝と逆に流れ、ドアに向かって水が溜まるのです。これはまったく想定外で部屋を借りる時に水を出さないとわからないことでした。それからは部屋を借りる時に水を出してみるということをしています。皆さんも古いお部屋を借りる時は水を出して流れを確認してみてくださいね。

それなりの広さがある

部屋のレイアウト 掃除

キッチンやバス、トイレ周りは、それなりの広さがないと非常に掃除がしにくいです。キッチンは一段高い床になっていて、そこを下がるとトイレ、その向かいがお風呂と、水周りがまとまっているけれどスペースがないため振り向くのが精一杯という部屋では困ります。レイアウトは、合理的でも広さにスペースがないと掃除機も使えませんね。

掃除をするにも苦痛にならない部屋のレイアウトと広さを選ぶこと、これがまず大前提です。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com

おすすめの関連記事を見てみる

■部屋をスッキリきれいに見せるインテリアと収納、5つのコツ

■狭いリビングダイニングを広く見せるインテリアのレイアウト、3つのコツ

■部屋をスッキリきれいに見せるインテリアと収納、5つのコツ

スッキリ見える部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】ちょっとしたポイントで広くみえる。10畳のリビングダイニング

■【部屋のコーディネート】典型的な長方形リビングダイニングも素敵にコーディネート

■【部屋のコーディネート】白い床を活かしてシンプルで上質なインテリアに

部屋のコーディネートをいろいろ見る

■あなたの部屋の参考に!部屋のコーディネート集「VR rooms」

VRrooms

RoomCo

RoomCo naviは、家具とインテリアを楽しむための情報サイトです。
お部屋づくりに役立つ様々な情報を発信しています。

©LivingStyle, Inc. All Rights Reserved.