窓辺から暑さ対策!初夏に快適なカーテンの選び方

ぐっと暖かくなり、いよいよ夏本番に向けて暑さ対策をする時期になってきました。そこで今回は夏の強烈な太陽光を防ぐ、カーテンの選び方に注目。なかでも、冷暖房効果を高めてくれる「遮熱カーテン」についてご紹介したいと思います。

今年の夏は、機能的でおしゃれなカーテンでお部屋を快適にしてみませんか?

断熱と遮熱の違いとは?

カーテンでできる夏の暑さ対策と聞いてまず思い浮かぶのが「遮熱」という言葉。遮熱と類似した断熱という言葉もあります。
そもそも「遮熱」と「断熱」は何が違うのでしょうか?まずはその違いをご説明していきます。

断熱とは、読んで字のごとく熱を断つという意味。断熱材を壁の内側に使ったり、外から覆ったりすることで、家の外の熱を伝わりにくくすることをいいます。

断熱効果により、冬は温かい住空間が実現されます。断熱性能に優れる住宅は“ 高断熱住宅”、そして一般的に機密性の高さと合わせて“高断熱高気密住宅”とも言われています。

それに対して遮熱は、外部の熱が入り込まないように熱が外にもれないように遮ることをいいます。簡単に言えば、太陽光を跳ね返すことですね。

夏の暑さ対策に効果的なのは「遮熱」カーテン

夏の強烈な太陽光を防ぐには、遮熱カーテンが効果的です。細かい繊維が何重にも重ねっているから、外から入る日差しを抑え、室内の気温上昇も抑えてくれます。

夏場は遮熱カーテンだけでなく、外側から簾を垂らすなど、プラスαの対策も万全にしましょう。

また「遮熱」と同じような言葉に「遮光」がありますが、こちらはお部屋に入ってくる光を遮る機能のこと。ぐっすりと眠りたい寝室や、西日が気になるお部屋にはこちらの遮光カーテンがおすすめです。

おすすめ遮熱&遮光カーテン

【Re:CENO】高機能オーダーカーテン FLOWE ベーシックカラータイプ

高い遮熱機能で外からの熱をしっかりシャットアウトしてくれるから、お部屋の中でも快適に過ごすことができます。遮熱だけでなく、厳しい基準をクリアした1級遮光カーテンであることもポイント。

厚みのあるしっかりとした生地で、外部から光が入ってくるようなことはありません。カラーバリエーションも全30色と豊富なので、きっと自分の好きなカラーが見つかるはずです。重厚感のあるドレープは便利な形状記憶加工。

【Re:CENO】オーダーカーテン Wander

下記のシンプルなウェーブ柄のミラーレスカーテンには、太陽光を軽減することで紫外線からお肌や家具、床などを守るUVカット加工付き。さらに夏は外の熱気が室内に伝わりにくく、クーラーなどの冷気を逃さない遮熱効果も備えた優れもの。

ミラーレスなので外から部屋の中を見えにくくしてくれます。自宅で簡単にお洗濯できる点も見逃せません。

【Re:CENO】ロールスクリーン フォスキー遮熱 ベーシック(遮熱)

1枚のスクリーン生地を巻き上げることにより、開口部の広さを自由に調節できるロールスクリーン。

プリーツ状のカーテンとは異なり、余分なドレープがない分、小さなお部屋をすっきりと広く見せてくれます。年間で約1万円の電気代を削減できるのも魅力。省エネや節電にも大きく貢献してくれます。

カラーはどんなインテリアにもなじみやすいミルキーホワイト、爽やかなサンド、クールグレイの全3色。オーダー商品ですので、自分のお部屋にベストなものをぜひこの機会に!

【Re:CENO】オーダーカーテン Rocket

下記のカーテンは、遮光加工(2級)が施されており、外からの光・室内の光を通しにくい仕様です。安眠を妨げる朝の陽ざしや室内のプライバシーもしっかりと守ってくれます。

西日が強いお部屋は、特に夏場は日差しが気になるかと思います。そんな“日差し”がお悩みの方におすすめです。キュートなスター模様は子供部屋にも◎。

【ディノス】アルミコーティング遮熱・1級遮光ヒートブロック100サイズカーテン 130cm幅(2枚組)

裏面にアルミコーティングを施しているので、夏場は熱を反射。冬は外からの冷気を防いでくれ1年中快適に過ごせる高機能カーテンです。

朝日や強い日差しもシャットアウトする1級遮光性能付き。カラーは無地が9色、華やかなフラワー柄が6色と多彩なバリエーションから選べるので、シーズンごとにカラーやプリントを変えても素敵。全100サイズとサイズ展開が豊富なのもおすすめポイント。

暑い夏を快適に過ごしてくれる、高機能カーテン。

本格的な夏がやってくる前にぜひ購入してみてはいかがでしょうか?