収納が肝心!収納で部屋のレイアウトをすっきりさせよう

部屋のレイアウト 収納

部屋のレイアウトがすっきりしている人の特徴は、キレイに片付けられた部屋に住んでいることです。自分の暮らしにあった部屋のレイアウトになっていたとしても、収納がうまくレイアウトされていないと暮らしやすいとは言えません。

「断捨離」という言葉をご存知の方も多いのではないでしょうか?収納本を読めば、まず物を捨てて整理することが鉄則です。でもストレス発散で物を買い、捨ててもまた増えてしまうという方は多いのではないでしょうか。なかなか物を減らすのは難しいですよね。

そこで、部屋のレイアウトをすっきりさせる収納方法をご紹介いたします。

そろえる

すっきりと見える部屋のレイアウトにするために大切なことは”収納をそろえる”です。例えば、テレビ台はナチュラル色のカントリーなデザインで、リビングボードは濃いブラウンのクラシックなデザイン。ちぐはぐしていて、すっきりしないですよね。まず、”そろえる”ことを意識しましょう。

部屋のレイアウt 収納

色とテイストをそろえる

部屋の中に収納家具や収納BOXはどれだけ置いていますか?もし2つ以上置いているようであればデザインやテイスト、色を揃えましょう。容器も部屋に見えているものはデザインと色をそろえましょう。これだけで部屋がすっきりします。

サイズをそろえる

サイズをそろえることも大切です。例えば、棚に並べた収納BOXが、ぴたりと収まった時、見た目も気持ちもすっきりしませんか?サイズが合っていないとデッドスペースができてしまい、もったいないですよね。同じシリーズやブランドでそろえていれば、ちぐはぐになることはあまりないのですが、サイズをしっかり測ってから収納用品を買いにいくようにしましょう。

ハンガーもそろえる

部屋のレイアウト 収納

吊るす収納は、とても優秀です。取り出しやすく、戻しやすいためです。洗濯物も吊るしたまま収納できてしまえば、たたむ手間がいらないので、どれだけいいことかとたまに思います。

吊るす収納の代表といえばハンガー。部屋にハンガーラックを置いている場合だけでなく、クローゼットの中もハンガーをそろえましょう。見た目がすっきりするだけでなく、同じ形で並べられるので無駄なスペースができにくくなります。

かくす

隠せば何でもすっきりと見えます。でも、隠す収納は表裏一体。本当のすっきりレイアウトにするためには整理整頓も必要です。

部屋のレイアウト 収納

扉や引き出し収納でかくす

てっとり早いのが扉付きや引き出し式の”かくす収納”。中は見えませんから、部屋の中はすっきりします。ですが、落とし穴も。見えないからと整理を怠ると、収納がいっぱいで物があふれ出てしまう可能性があります。隠しても、定期的に整理することをおすすめします。

文字やロゴはかくす

部屋の中で、ごちゃつきを感じるのは実は文字やロゴです。わかりやすいところでは、キッチンの洗剤。市販のままのケースの洗剤と、文字のないシンプルなデザインのケース。シンプルなデザインのケースがすっきり見えます。隠すというより取り除くでしょうか。

詰め替えることから始めてみませんか?

つくる

使いやすい収納は、収納する物の本質を見つめ直すこと。物がどのように使われているのか意識してみましょう。

部屋のレイアウト 収納

適材適所に収納場所をつくる

収納は使用頻度によって整理するとよいと言います。例えば、アイロン。週に一度は活躍します。使う場所はリビングとしましょう。でも収納場所はサニタリーにあります。けっこう重さもあるのに、いちいち取りに行くのは面倒ですよね。思い切ってリビングに収納してしまいましょう。

使う頻度や、使う場所を一度見直して、収納場所をつくることも大切です。

できることから、すっきりレイアウトを始めてみませんか?

Text = RoomCo navi 整理収納アドバイザー

おすすめの関連記事を見てみる

■クローゼットが小さい部屋で快適に過ごすレイアウト

■狭いリビングダイニングでもスッキリ見せる収納のコツ

■リビングは家族の部屋 キレイを保つ収納レイアウトのヒント

収納力のある部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】家具の配置が難しい?憧れのタワーマンションのコーディネート

■【部屋のコーディネート】窓際の植物がここちよい 都心の12畳リビングダイニング

■【部屋のコーディネート】収納量が多い!どうする?1K5畳の一人暮らし