2016
07.28
収納 クローゼット

扉のかたちで変わる?クローゼットの収納術

こんにちは。

収納でお困りの方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。特に洋服は毎日着替えるので出し入れすることも多く、すぐにくしゃくしゃに。着たい服が見つからず、よけいストレスになっていませんか?

たくさんの収納本が出ていますが、収納は物の“出しやすさ”とともに“しまいやすさ”も考えることが大切です。収納上手になるには、”面倒くさい”を解消しなければならないのです!

でも家によって収納スペースはいろいろ。今回はクローゼットの扉別でどの収納が面倒くさくないのか!?をご紹介していきます。

クローゼットの扉はどのタイプ?どの扉が本当に使いやすいのか?

クローゼットの扉にもいろいろ種類がありますよね。では”面倒くさくない”観点で扉について見ていきましょう。

折れ戸

収納

最近の住宅ではもっとも一般的な扉です。折れるように開くタイプで、扉を開くスペースがあまりいらないことと、扉がコンパクトになるので開き口が広くとれるというメリットがあります。開き口が広いということは洋服を一目で見ることができるのでムダな動作がなく洋服を探すことができます。デメリットとしては扉の折れている部分は収納が取りづらいのでデッドスペースとなってしまい面倒くさい要因がうまれます。扉自体が左右にスライドできるタイプは収納のデッドスペースができにくいのでおすすめです。

開き戸

収納

扉をドアのようにひらくタイプで開き口が一番広くとれるメリットがあります。ただし、クローゼットの前に扉を開くためのスペースが必要になるので部屋のレイアウトの制限が出てきます。また面倒という観点では扉の前に何か物が置いてあった時にどかさなければならないという点があります。

引き違い戸

収納

押入れによく使われる扉です。最近はリノベーションした物件も増え、以前は押入れだったところをクローゼットにしているケースも。その場合、扉が引き違い戸のままということも多いです。メリットは開閉するのにクローゼット前のスペースが必要ないので、部屋の配置の制限が少なくなります。デメリットは半分ずつしか開かないので開き口が狭くなるということです。面倒くさい観点では扉が半分ずつしか開かないので、収納ケースのサイズをクローゼットに合わせなければいけないところと、片方にない服をとらなければいけない時に、一度扉を閉めて開ける動作が発生することです。

カーテン

収納

作り付けの収納では、扉がカーテンになっていることはほとんどないと思います。ですが扉を開くスペースも必要がなく、開き口も広くとれるというメリットがあるのでおすすめです。また、天井からカーテンを吊るすようにすると部屋が広く見える効果もあります。面倒くささの観点では、一番メリットが多く、開け閉めも楽ですし、デッドスペースもできない、収納ケースのサイズの制約も少なくてすみます。

究極は扉をつけない!

収納

ウォークインクロゼットが使いやすいのは、収納の前に扉がないから。ということは扉をつけなければ、扉を開け閉めする動作が省けるので一番、収納が楽になるといこうとになります。ムダなデッドスペースもうまれないですね。服の収納はほとんどの家が寝室などプライベートな空間にあるので、この際、扉をとってしまうというのも。ごちゃごちゃが見えているのは嫌だなぁ。という方もいるかもしれませんが、見えないからごちゃごちゃでもいいかと思うのが人間の性。見えているほうが、服の量がひとめでわかったり、キレイにしておこうと思えるなどメリットもたくさんですよ。

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター

関連のおすすめ記事を見てみる

■部屋の収納を考えるときに確認したい 収納レイアウト 基本の3つ

■狭いリビングダイニングでもスッキリ見せる収納のコツ

■クローゼットが小さい部屋で快適に過ごすレイアウト

■収納量の多い人は要チェック!3つの部屋の収納レイアウト

■リビングは家族の部屋 キレイを保つ収納レイアウトのヒント

VRrooms