ぴったりなサイズがわかる、ダイニングテーブルの選び方

ぴったりなサイズがわかる、ダイニングテーブルの選び方、幅や奥行

家族が集まるダイニングテーブル。ダイニングテーブルは食事をするだけでなく、家事をしたり、仕事をしたり、子供の宿題を一緒にやったりと大活躍してくれます。そんなダイニングテーブルはデザイン、機能や素材、サイズなど、いろいろなポイントで自分にあったものを選びたいものですよね。今回は、人間工学からみる幅や奥行、高さなどのダイニングテーブルのサイズの選び方をご紹介いたします。こちらを元に自分にあったダイニングテーブルのサイズオーダーを考えてみるのもおすすめですよ。

食事をするのに必要なスペースを知る

1人分のスペース

ぴったりなサイズがわかる、ダイニングテーブルの選び方、幅や奥行その1

ダイニングテーブルで食事をする時に不要な1人分のスペースは、椅子に座った時で最低で幅60㎝・奥行35㎝と言われています。ランチョンマットの一般的なサイズが幅45㎝・奥行35㎝なのでそこから動作した時の余裕を見るとイメージがつかみやすいでしょうか。

2人の場合は1人分を×2すればいいので最低120㎝となります。3人の場合も同じですね。奥行はダイニングテーブルで向かいあって食事をすることを考えると最低75㎝になります。

食事のスペースがわかると最低必要なダイニングテーブルのサイズが見えてきます。でもこれはあくまでも最低スペースで、家具屋さんなどのダイニングテーブルは少し余裕をもった、だいたい幅135㎝~奥行80㎝~のサイズが一般です。

ダイニングテーブルを使う人やスタイルによっても違います。

ダイニングテーブルではなくローテーブルなどの座卓の場合は1人分のスペースがもう少し広くなります。床に座る場合はあぐらをかくケースも含まれるからです。同じく体格の良い方や車イスを使用している方なども1人分のスペースが変わってきますので使う人に合わせてサイズを考えることも大切です。

床座の場合・・・1人分の幅75㎝~80㎝

車イスの場合・・・1人分の幅75㎝~90㎝

ダイニングテーブルを使う人数は何人ですか?

ぴったりなサイズがわかる、ダイニングテーブルの選び方、幅や奥行その2

ダイニングテーブルのサイズは部屋のサイズに合わせなきゃいけない。と思いがちですが、狭いからといって無理に小さいサイズを選ぶのは間違いです。サイズ選びの基本は使う人の人数でサイズを選びましょう。

でもLDKが狭い場合はソファもダイニングテーブルもと考えると困りものですね。そんな時はどちらかだけ選ぶという方法もあります。自分自身の生活のスタイルをいまいちど考えてみて選ぶのが正解です。狭いLDKが広々と見える3つのコツで紹介していますので参考にしてみてください。

ダイニングテーブルをどのように使うか考える

ダイニングテーブルで家事や仕事もやりたい。

ぴったりなサイズがわかる、ダイニングテーブルの選び方、幅や奥行その3

お子様がいるとミシンを使う頻度も多くなるのではないでしょうか。裁縫以外にも家計簿をつけたり、書類を記入したりと家事はやることがたくさん。パソコンを使って作業している方も増えているはず。最低80㎝、作業のしやすさを考えると90㎝以上あると余裕がでます。

家事と同じように、ダイニングテーブルでパソコンを使って仕事をしているという方も多いはず。ネットショッピングや旅行の予約も家族と一緒にダイニングテーブルでという方にも。

ダイニングテーブルでお子様と一緒に宿題をやりたい。

ぴったりなサイズがわかる、ダイニングテーブルの選び方、幅や奥行その4

みなさんは宿題を勉強机でやっていましたか?夏休みの宿題なんかは結構、リビングやダイニングテーブルでやっていたなんてこともありますよね。お子様と一緒に宿題をやるとなるとノートを広げたり、教科書があったりと広いほうが、だんぜん使いやすいです。JISで決められている学校の机のサイズは最低で幅60㎝・奥行45㎝です。でも学校の机って小さいな。と思っていた方も多いのではないでしょうか。お子様と一緒に勉強や宿題をやる、またはお子様2人で宿題をやる場合は横並びで幅120㎝以上あるとよいです。勉強机の一般的な幅100㎝を考えるともう少し余裕をもった幅150㎝~の広さをおすすめします。

ホームパーティーや来客が多い

ぴったりなサイズがわかる、ダイニングテーブルの選び方、幅や奥行その5

来客が多く、家族以上の人数になるという方は、いろいろなサイズの取り方があります。画像のように奥行を85㎝~と少し大きめにして来客時だけ椅子を増やすという方法もあります。1人分のサイズをよく考えて。必ずしも大きくする必要はないですし、普段はスッキリさせておきたいという方は、バタフライテーブルなどのサイズが可変できるタイプを選ぶのも方法です。

ダイニングテーブルまわりの必要なスペースを知る

ぴったりなサイズがわかる、ダイニングテーブルの選び方、幅や奥行その6

ダイニングテーブルまわりの必要なサイズを考えましょう。テーブルだけのサイズを考えていると座ったりするスペースが狭くなったりと失敗のもとです。一般的に椅子に座るためのスペースは70~80㎝、椅子に座った時に後ろを人が通るためには60㎝必要と言われています。丸型のテーブル(直径100㎝)の場合は235㎝~が目安になります。

ぴったりなサイズがわかる、ダイニングテーブルの選び方、幅や奥行その6

このようにダイニングテーブルを置く部屋のサイズから必要な天板サイズを考えてダイニングテーブルのサイズを決めることも大切です。サイズが不安な方はWEB上で簡単にできる家具のシミュレーターがあるので試してみるのをおすすめします。

家具のシミュレーターの詳細はこちらで確認できます。

それでも解決しない!という方は家具屋さんでも配置のシミュレーションをしてくれるお店が増えているので相談しに行ってみてはいかがでしょうか。

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター

関連のおすすめ記事を見てみる

■部屋のサイズだけじゃない!家具のレイアウトを考える前に確認するべき5つのポイント

■狭いリビングダイニングを暮らしやすく テーブルを囲む家具配置

■プチ模様替えで気分一新!部屋の印象をガラリと変えてくれるインテリアのアイデア

おすすめの関連記事を見てみる

■【部屋のコーディネート】縦長リビングダイニング 丸テーブルのある、おしゃれな部屋

■【部屋のコーディネート】家具配置が難しい!正方形リビングダイニングのコーディネート

■【部屋のコーディネート】典型的な長方形リビングダイニングも素敵にコーディネート

部屋のコーディネートをいろいろ見る

■あなたの部屋の参考に!部屋のコーディネート集「VR rooms」

VRrooms