リビングの収納問題の救世主! 壁面収納付きテレビ台のすすめ

リビングの収納問題の救世主! 壁面収納付きテレビ台のすすめ

リビングでゆったりくつろぐためには、ソファやテーブル、テレビなどを置きたいところですが、狭い部屋に所狭しと大型家具を配置すると、ごちゃごちゃ見えてしまうということも。

特にリビングは、家族がくつろいだり、お客様をおもてなししたりする、人目に触れる家の顔のような場所です。できればいつも綺麗にしておきたいですが、つい細々としたものが溢れてしまいがちな方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんなお悩みの解決策として、壁面収納タイプのテレビ台をご紹介します。

壁面収納とは?

文字通り、壁一面に収納スペースを設けることができます。新築やリフォームの際に、サイズを測ってオーダーメイドで隙間なくつくることもできますし、用途に合わせて好きなように組み合わせることができる、システム家具としても販売されています。

そしてその多くは、テレビ台として使えるものが多く含まれているのがポイント。オーダーメイドだと高価なものも多いですが、組み合わせて使えるシステム収納は、賃貸物件でも簡単に設置できるものがあり、手頃な価格のものも多いので、収納家具をお探しの方にもおすすめです。

リビングの収納問題の救世主! 壁面収納付きテレビ台のすすめ引用元:大塚家具

壁面収納がついたテレビ台のメリット

とにかく収納力が抜群!

一般的なテレビ台は、最低限の収納力しかありませんが、壁面収納タイプのものを選ぶと、組み合わせ次第ではリビングにある細々としたものをたっぷり収納することもできます。物が多くてなかなかお部屋が片付かないという方におすすめです。

リビングの収納問題の救世主! 壁面収納付きテレビ台のすすめ引用元:大塚家具

テレビの存在感をなじませることができる

リビングにはテレビとソファを置くことが多く、どうしてもテレビ中心の配置になりがちです。テレビ台と収納をドッキングさせると、テレビの存在感が強くなりすぎず、インテリアになじませることができます。

リビングの収納問題の救世主! 壁面収納付きテレビ台のすすめ引用元:カリモク家具

テレビの周りがすっきりする

最近のテレビにはケーブルやデッキ、ハードディスクなどさままなものが付属しますが、テレビの周りをぐるりと収納にすることで、すっきりと整理することができます。さらに、テレビ台と収納がセットになることで、インテリアに統一感が出るのもポイントです。

リビングの収納問題の救世主! 壁面収納付きテレビ台のすすめ引用元:大塚家具

見せるも隠すも自由自在

デザインはさまざまなものがあり、オープンシェルフで見せる収納としておしゃれに演出したり、見せたくないものはカバー付きのもので隠したり、お好みに応じて自由自在。

よく使うものは手の届きやすい場所に、使う頻度が少ないものは天井に近いところに、場所に応じて使い分けることができるのもメリットです。

リビングの収納問題の救世主! 壁面収納付きテレビ台のすすめ引用元:大塚家具

壁面収納タイプののデメリット

収納が増えるのは便利ですが、デメリットもあります。メリットとデメリットをふまえ、検討するのがおすすめです。

圧迫感がある

背が高いので、他の家具との色味のバランスが悪いと、お部屋に圧迫感を与えてしまいます。また、奥行きがありすぎても主張しすぎてしまう原因に。お部屋の広さ、そして収納したものに手が届きやすいかなど、バランスをよく考えて選ぶことが重要です。

簡単に移動できない

テレビを収納するとある程度の大きさになるので、簡単には動かせなくなります。また、テレビを置くときにコード類を見えないように配置するので、動かすときには線を1つ1つ抜かなければならず、つなぎ直すのも一苦労になることも。設置するときは、大きさのバランスや使い勝手などをよく検討したほうがよいでしょう。

おすすめの壁面収納付きテレビ台

これまでに挙げたメリット・デメリットをふまえつつ、狭いお部屋でも圧迫感が少ない、おすすめのテレビ台をご紹介します。

【ディノス】天然木調 ディスプレイラックシリーズ テレビ台

木目調のデザインが落ち着いた雰囲気。同じシリーズのディスプレイラックは種類が豊富で、組み合わせて使えば天井まで有効活用することもできます。

収納力も抜群で、フラップ扉にお気に入りの雑誌やパンフレットを飾ることができ、リビングをお洒落に演出します。

【無印良品】スタッキングキャビネット・Cセット/オーク材 幅162.5×奥行39.5×高164.5

シンプルなデザインなら、お部屋のテイストを選ばずお使いいただけます。

高さをおさえることで、圧迫感がなく狭いお部屋でもぴったり。テレビ台と収納力をバランスよく掛け合わせた使いやすいデザインです。

リビングの収納問題の救世主! 壁面収納付きテレビ台のすすめ引用元:無印良品

【Re:CENO】R.U.S ワンルーム Aタイプ(幅185cm×165cm)

ワンルームのお部屋におすすめなのが、衣類もまとめて収納できるコンパクトなタイプ。狭いお部屋だからこそ、収納も一箇所にまとめると、お部屋を広く使うことができます。

シェルフボードは5cmピッチで高さを変えられるので、置くものにあわせて調整できるのも便利。シンプルなデザインで、あらゆるタイプのお部屋になじみます。

リビングの収納問題の救世主! 壁面収納付きテレビ台のすすめ引用元:Re:CENO

【Re:CENO】Rita TVボード

1人暮らしのお部屋にぴったりな、コンパクトなテレビボード。
棚板の配置を変更することができ、テレビ代の高さや収納スペースをお部屋のソファやテーブルに合わせて使うことができます。

深みのあるウォールナットカラーとブラックスチールを組み合わせたシンプルなデザインで、お部屋のテイストに合わせやすいのも魅力です。また色違いでナチュラルカラーとホワイトスチールの組み合わせもあり、女性のお部屋におすすめですよ。

【大塚家具】テレビボード ディープ 135

細いフレームで構成された圧迫感のないコンパクトなデザイン。コンパクト設計でありながら収納機能が充実していて、テレビ周りがすっきりまとまります。

シンプル設計ですが、テレビ設置部耐荷重量50kg、棚板耐荷重量10kg(参考値)と、安定感も抜群です。

壁面収納は圧迫感が気になるという方でも、取り入れやすいデザインのものはまだまだたくさんあります。テレビ台の購入をお考えなら、ぜひ収納付きを検討してみてはいかがでしょうか。

また、収納を増やしたいという方でも、テレビ台を組み合わせて一箇所にまとめるとお部屋の印象を変えることもできます。この機会にリビングの収納を見直してみてはいかがでしょうか?