これで解決!テレビとテレビ台のベストバランス

これで解決!テレビとテレビ台のベストバランスTOP

家族やゲストが集まるリビングで、ダイニングテーブルの次に重要なのがテレビ台です。

インテリアがばっちり決まっていても、テレビ台が全体の雰囲気と合っていなかったり、大きすぎてお部屋に圧迫感が出てしまったり…。

そこで今回はこの春、新生活や模様替えでテレビ台をお探しの方にテレビ台の幅とテレビサイズのベストバランスについてご紹介します。

お部屋の雰囲気にあったテレビ台を選んで、自分好みのインテリアを完成させましょう。

まずは、テレビのサイズを確認しましょう

液晶のような薄型タイプであっても、大型になるとお部屋のなかでかなりの存在感が出てしまいます。

広いスペースであれば問題はないのですが、ひとり暮らしなどの限られたスペースでは頭を悩ませるところ。

そこで、まず大切なのがテレビ台のうえにのせるテレビの大きさを把握すること。テレビ画面のサイズだけでなく、外枠を含めたテレビの実際の大きさを測って、十分な台座の広さを確保しましょう。

これで解決!テレビとテレビ台のベストバランス配置

テレビはテレビ台の台座に収まるのが大前提。理想的なバランスはテレビの両脇に約20~30㎝のスペースを確保すること。

たとえば、32インチ(幅70㎝)のテレビであれば、テレビ台は幅120㎝、40インチ(幅90㎝)のテレビであればテレビ台は幅150㎝といった具合。

50インチ以上のテレビなら、テレビ台の両脇にキャビネットを2つ置くことでバランスがよくなります。床に落ちて壊れるようなことがないように、事前に把握しておきましょう!

耐荷重を守りましょう

次に重要なのは、テレビの重さに耐えられる台かということ。

たとえば耐荷重が範囲内でも、1点に重さが集中するような置き方をすると歪みが発生したり、凹んでしまったりなど、棚板が変形する可能性があります。

たいていのテレビ台は現状のテレビの重量を考慮して、許容値に幅を持たせて設計されていますが、家具を永く使うのであれば指定の耐荷重を守りましょう。

メーカーによって、テレビの重さは異なるので、要チェックですよ。

最適なテレビ台の高さとは?

テレビ台の高さは、どこからテレビを見るかに比例します。

目線よりも高い位置にあったり、極端に低い位置にあると疲れ目の原因にもなりかねません。

理想的と言われているのは、直接床に座ってテレビをみる場合は約40cm、ソファーからであれば40~50cm。ダイニングなどでイスに座ってみるのであれば床から50cm以上の高さです。

これで解決!テレビとテレビ台のベストバランス高さ

あなたはどこからどんな体勢でテレビをみますか?自分の生活スタイルや好みにあわせてテレビ台の高さを決めましょう。

テレビ台の種類を知ろう

ここまでの知識をふまえて、お部屋の広さやインテリアスタイルなどのバランスを考えて、テレビをおしゃれに見せるテレビ台を選びましょう。

お部屋全体にとけ込むデザインを選び、素材や色を他の家具と合わせるのがセンスアップのポイントです。

ロータイプ

寝転んだり、床にすわってテレビを見る人におすすめなのは、ロータイプ。圧迫感が少なく、狭いスペースでもお部屋を広く見せることができます。

これで解決!テレビとテレビ台のベストバランス

引用元: Re:CENO

ミッドセンチュリーテイストのテレビ台は耐荷重50kg。

3箇所の収納付きでテーブルとしても利用することもでき、ナチュラルからモダンなお部屋まで、どんなインテリアとも合わせやすいのがポイント。

43インチのテレビでジャストなサイズ感です。

ハイタイプ

ロータイプと違い、収納量が多く&重厚感あふれるハイタイプはインテリアのひとつとしてリビングに置くのがベスト。

収納力にも優れているので、テレビ台のほかに別途DVDラックを購入しなくてもすっきり収納できるのが大きなメリットです。

これで解決!テレビとテレビ台のベストバランス

引用元:Re:CENO

こちらは32型まで対応のテレビ台です。

ウォールナットカラーの天板とクールなスチールが合体したおしゃれなデザイン。トレンドのインダストリアルな雰囲気にもばっちり合います。

コーナータイプ

コーナータイプは部屋のデッドスペースである角にテレビ台を置くことで、スペースを有効活用することができるのが最大のメリット。

視聴距離も取りやすくお部屋を有効に使えます。

これで解決!テレビとテレビ台のベストバランス

引用元:Re:CENO

109~最大幅は186cm。耐荷重30kgで大型テレビにもしっかり対応します。

左右両側がスライド式になっているので、お部屋のコーナー部分にぴたりと配置することもできます。

伸縮タイプ

たくさんのDVDソフトやゲームソフトなども収納したいなら、横長の棚がついたタイプがおすすめです。

なかでも、伸縮タイプはお部屋のレイアウトに合わせて幅だけでなく形も変えられるのが魅力。収納もたっぷりとあるので物が散らかる心配もゼロ。

引越しや模様替えが多い方におすすめです。

これで解決!テレビとテレビ台のベストバランス

引用元:Re:CENO

自由にレイアウトできる伸縮&回転式テレビ台。

スマートな見た目とは裏腹に大容量の引き出し2杯付いており、収納力が充実。スライドレール付きで開閉もラクチン。

耐荷重は上部の天板が50kg、吹き抜け棚や下部の天板はそれぞれ15kgとなっています。

いかがでしたか?

インテリアを大きく左右するテレビ台の選び方。

これからテレビ台を購入する方のお役に立てれば嬉しいです。