洋服の収納をアイディアでおしゃれに見せる

洋服の収納をアイディアでおしゃれに見せる

冬の時期はコートやジャケット、マフラーや手袋など、かさばる厚さの洋服が部屋を占領して困る!という人もいるのではないでしょうか?

モコモコのダウンコートなどは特にかさばりますよね。そこで今日は服の収納について、特に冬の時期に役立つアドバイスをしながら快適に収納する方法をご紹介いたします。

コートなどのかさばる服は扉のない収納がオススメ

外で着たコートを帰宅後にクローゼットへ直ぐにしまう、または窓のサッシの枠にかけるということはありませんか?

外出するだけでも目には見えない埃やチリがたくさんコートには着いています。また食事などで着いた臭いはなかなか取れません。

そこに消臭スプレーを掛けると今度は湿気がついてしまいますので、クローゼットに入れてしまうと他の服に埃やチリ、臭いが移ってしまいます。掛ける場所が無いからと窓のサッシに掛けると逆に湿度が服に着くこともあるので注意が必要です。

そこでコートの収納にオススメしたいのはコートハンガーやコートスタンドです。

玄関などにスペースがある場合

洋服の収納をアイディアでおしゃれに見せる引用元:SEMPRE

置いてあるだけでもおしゃれ感のあるデザインのハンガースタンドは、来客時にもちょっと喜ばれそうな存在です。

自分のふだん使いのコートの場合はハンガーに掛けて吊るしておくと型崩れがなくて良いですね。ハンガーに掛けると消臭スプレーも掛けやすく乾きやすいです。

コートの素材にもよりますが、1日着用したものは1日休ませると型崩れするのも防ぐことが出来そうです。

もう少しスペースを抑えたいという時に

 洋服の収納をアイディアでおしゃれに見せる引用元:SEMPRE

ハンガースタンドのスペースがあまりないけれど置きたい!という人には、樹のような細いデザインのハンガースタンドはいかがでしょう?上に伸びた枝のようなデザインは見ていても面白いですね。

もっとスペースがない場合にはこんなアイディアも!

洋服の収納をアイディアでおしゃれに見せる引用元:SEMPRE

まったくハンガースタンドを置く場所がないという場合には、壁につけるコートフックが最適です。

普通のフックではおしゃれではないと思う人には、色とりどりのフックを付ける高さを変えて壁にデザインするのはいかがでしょうか?フックのつけ方でも玄関の印象がガラリと変わりますのでセンスよくつけたいですね。

注意点として、壁につける場合は付ける箇所に下地があること、付ける時はアンカーを使用して取り付けることが必要になります。

部屋でコートハンガーをブティック風に演出

玄関スペースにはスタンドなどは置きたく無いという人もいますね。その場合はリビングなどの空間に潔くスタンドを置くことをオススメします。

安定感のあるスタンドに服をブティック風に掛けることであえて見せる収納を演出してみるのも愉しいですよ。

シンプルなスタンド

洋服の収納をアイディアでおしゃれに見せる引用元:IDEE

このくらいシンプルなアイアンのスタンドは見た目もすっきりして部屋に収まりやすいです。

重量は12kgなのでギュウギュウ詰めて服を掛けるというより、さらりと空間を作りながら見せて掛けるハンガースタンドです。リビングのソファやテーブルなどのデザインにさりげなく合うのではないでしょうか?

ちょっと遊び心を見せたいスタンド

洋服の収納をアイディアでおしゃれに見せる引用元:IDEE

こんな可愛いデザインなら玄関に置きたいですが、リビングのコーナーに2箇所くらい置くのもブティック風にできてよいのではないでしょうか。

この場合は同じような木製のハンガーを使ってコートや帽子、マフラーなども一式掛けて椅子の座面にはそのコートにあう靴を置いてみるのも素敵な見せる収納になります。

アレンジ可能な機能的デザイン

洋服の収納をアイディアでおしゃれに見せる引用元=:SEMPRE

ホワイトカラーの細めのスチールが特徴のこちらのスタンドは組み合わせ次第でかなりの収納ができます。ロングのコートからショートコートまで可能な2段タイプも便利です。

また奥行きもスモールタイプなのでリビングの壁面全部に納めてブティック風に使うにはとてもオススメです。ホワイトカラーは主張が強くなく壁にも馴染がよいので服の色やデザインが引き立ちますね。

間仕切りに使えるキャスタータイプ

 洋服の収納をアイディアでおしゃれに見せる引用元:dinos

重量50kgまで可能というこちらの大型収納タイプは大型なのにどこかスタイリッシュなデザインです。コートハンガーの上には棚があるので箱物やバッグ、帽子も収納でき、スタンド下には板があるので靴も置けます。

そして何よりキャスター付きなので、リビングとダイニングの間や、リビングダイニングとベッドルームの間仕切りとして使用できます。また2台横に並べて使用すると本格的な間仕切りになります。

自分にあうコートハンガー、スタンドの選び方

洋服の収納をアイディアでおしゃれに見せる

このように収納をあえて見せるコートハンガーやスタンドなどは不要な服の存在に気が付くことが出来ますね。

「同じような服ばかり買っている」「スカートの丈の長いのも少しは必要かも」など自分の手持ちの服を客観的に見ることができるのも利点と言えます。

普段着のあまり見せられない服は扉付きの収納にしまい、憧れの服や好きなブランド服などをコートスタンドやハンガーに掛けておくだけでも、見ているだけでワクワクしてくることもあるのではないでしょうか?

あえて服を見えるように飾ってディスプレイすることで自分の部屋のインテリアの演出ができるのは一石二鳥の面もあります。自分の服がまずどのくらいあるのか、見せたい服はどれかをまず整理してみるのは大切なことです。

自分の服を把握したら次に見せたい服はどれかを選んで、そのボリュームでスタンドやハンガーを選ぶのがよいと思います。

使用するハンガーもおしゃれに

洋服の収納をアイディアでおしゃれに見せる

最後に、見せるコートハンガーやスタンドなどの時に使用するハンガーは是非こだわることをオススメます。

ポイントは同じ素材で同じ色で揃えることが何よりおしゃれに見えます。またコートなどのハンガーには肩が滑り落ちないようにハンガー本体に布カバーなどをつけて置くのもよいアイディアですのでお試しください。

この冬におしゃれに見せる技を使って収納するのはいかが?

 Text=大島香(topophili)https://www.topophili.com