IDEEで「オオタノカケラ -色鉛筆で写す町工場の記憶-」展示会を開催

idee otano kakera

イデーショップでは大田区のモノ作りと魅力を再発見し、これからのまちにつなげる活動、「オオタノカケラ」の展示会を開催。日本を代表する町工場のまち大田区の、職人が不在となった北糀谷の町工場から提供された道具を一つの資源として、フロッタージュという技法を用いて、住民と恊働して作品を制作しています。

idee otanokakera
– プロフィール –
酒百 宏一 Koichi Sakao 美術作家。
1968 年石川県生まれ。東京都大田区在住。東京工科大学デザイン学部准教授。フロッタージュという写しとりの技法をもとに、色鉛筆と紙のみを使って、地域の土地と人の営みの記憶を市民と恊働でかたちにするプロジェクトを多数展開。

開催概要

開催期間 10月28日(金)~11月7日(月)
開催場所 デリエ イデー(東京・丸の内店)
〒100-6504 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル 4F
営業時間:11:00~21:00(日祝 11:00~20:00)/TEL:03-5224-5571

※イベントの詳細についてはIDEEウェブサイトや店頭にてお確かめください

「オオタノカケラ -色鉛筆で写す町工場の記憶-」

www.idee.co.jp