10畳・LDK、限られた空間を広く見せるカラー&レイアウトのコツ

10畳・LDK、限られた空間を広く見せるカラー&レイアウトのコツTOP

マンションに多い、縦長のリビングダイニング。

“あのソファがいい”とか“このテーブルが欲しい”なんてデザイン重視で選んでいたら、家具で部屋がいっぱいになってしまった…なんてことになりかねません。

どのようにしたら、限られた空間が広く見えるか、そして快適に過ごせるか、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

コーディネートアイテムを見る

このコーディネートのサマリーを見る

この部屋の別のコーディネートを見る

ダイニングテーブルは、カフェスタイルで

日頃、2人で食事をするだけなら、直径80センチ程度のダイニングテーブルでも十分です。

キッチンカウンターがすぐ近くにあるので、お皿の移動も楽。省スペースのデメリットをメリットに変えてしまいましょう。

10畳・LDK、限られた空間を広く見せるカラー&レイアウトのコツ1

本当に大きなリビングテーブルは必要?

細長いリビングに、大きなリビングテーブルを置いてしまうと、ベランダへと続く窓のカーテンの開け閉めや、出入りをする際に、動線がスムーズではありません。

また、案外リビングテーブルの上は、日々の雑多なものを置きっぱなしにしやすいので、散らかった印象を与えてしまいます。

そういう時はローテーブルを使用するのではなく、サイドテーブルを用意して動線を確保しましょう。

10畳・LDK、限られた空間を広く見せるカラー&レイアウトのコツ2

奥行きを感じさせるために、あえて手前にグリーンを

モノが少ないからと言って、必ずしも部屋が広く感じるわけではありません。奥行き感を出すことによって、部屋の広さを感じることが出来ます。

そのためには、すぐに家具が見えるより、視線を遮り過ぎないグリーンを手前に置くことが効果的です。

全体にもグリーンを配置させて、リラックスできる部屋づくりをしましょう。

10畳・LDK、限られた空間を広く見せるカラー&レイアウトのコツ3

テレビボードや収納を、壁と同化させる

テレビボードや収納も割合大きな面積を占めるアイテムです。

すっきりとした印象を与えるためには、白~淡いカラーの同じシリーズで揃えて、壁の一部としてなじませてしまいましょう。

10畳・LDK、限られた空間を広く見せるカラー&レイアウトのコツ4

色数は少なく&濃淡をつけて、ワンランクアップ

“部屋がゴチャゴチャしていて、なんだか落ち着かない”と感じるのは、色の組み合わせが悪いせいかも。

ソファはベージュ系の淡いトーンで、ダイニングやラグはクールなグレー系、そして、カーテンはブラウンとグレーの配色にしました。

基本的には、類似の色とトーンですが、同じ色でも濃淡をつけることによって、ワンランクアップしたインテリアとなります。

10畳・LDK、限られた空間を広く見せるカラー&レイアウトのコツ5

アクセントカラーの分量は「5%」

空間にまとまりが出来たら、次は全体の5%のアクセントカラーをクッションや小物でプラスしてみましょう。

視線が集中するポイントが出来ることによって、印象がグレードアップします。

この際に重要なのは、アクセントカラーの分量です。くれぐれも、注意!

10畳・LDK、限られた空間を広く見せるカラー&レイアウトのコツ6

コーディネートアイテム

アイテム合計金額 ¥560,000(税込)

※アイテムの仕様等により金額が変わることがあります。
※コーディネートアイテムの情報はコンテンツ公開時の情報となります。
※価格や在庫等の情報は直接、取り扱いブランドへお問い合わせください。

コーディネートサマリー

部屋種別 LDK
広さ 10畳
世帯 二人暮らし
テイスト モダン
ブランド 大塚家具
家具予算 約56万円

10畳・LDK、限られた空間を広く見せるカラー&レイアウトのコツ平面1
10畳・LDK、限られた空間を広く見せるカラー&レイアウトのコツ平面2

この部屋の別のコーディネート

このコーディネートを気に入りましたか?

▼コーディネートアイテム一覧