12畳・LDK、革張りソファで作る、おしゃれなヴィンテージテイストのお部屋

12畳・LDK、革張りソファで作る、おしゃれなヴィンテージテイストのお部屋

リビングのインテリアを決める時、まずはソファを決めてからという人が多いのではないでしょうか。

一言でソファと言ってもその形や特徴、使い方は千差万別です!
コーディネート次第で大人っぽい上品な印象にもなったり、スタイリッシュな雰囲気になったり、リビングのメインになるソファ選びは大切ですよね。

今回はリビングのくつろぎ空間におススメの革張りソファをつかって、オシャレなヴィンテージテイストのコーディネートをご紹介します。

コーディネートアイテムを見る

このコーディネートのサマリーを見る

この部屋の別のコーディネートを見る

人気の古材×アイアンの組み合わせ

木とアイアンを組み合わせたアイテムは、ヴィンテージテイストにぴったり。シンプルなデザインで木や鉄の質感を感じられ、インテリアのアクセントとして抜群の存在感を放ち人気のインテリアです。

12畳・LDK、革張りソファで作る、おしゃれなヴィンテージテイストのお部屋1

床に合わせて明るめのレザーソファを

ソファを決める時に重要なのは床との相性!

ソファは選ぶ素材や色味で部屋の雰囲気が大きく変わる家具の一つです。薄い茶色の床に、床よりも少し濃いキャメル色のソファをあわせると程よい温もりが生まれます。

12畳・LDK、革張りソファで作る、おしゃれなヴィンテージテイストのお部屋2

レザーソファでヴィンテージ感を演出

キャメル色のソファと鉄の脚部が絶妙な組み合せでヴィンテージ感を演出。
ゆったりとした大きさに奥行がしっかりしているソファ。重厚感がありながらも、背もたれの高さは低めなので、お部屋に圧迫感がでません。

12畳・LDK、革張りソファで作る、おしゃれなヴィンテージテイストのお部屋3

コーディネートに使っているアイテム

ゆったりとした大きさの2人掛けソファ。

高さが低めに設定されており、重厚感がありながらもお部屋に圧迫感を感じさせません。

茶色のソファ×無彩色のコーディネート

茶色に黒・グレー・白を組み合わせるとどんな雰囲気になるのか?

モノトーンはモノトーンで組み合わせる方がうまく馴染みそうですが、実は茶色の革張りソファに薄いグレーのラグの組み合わせは、モノトーンでまとめるよりオシャレ度が増してみえます。

12畳・LDK、革張りソファで作る、おしゃれなヴィンテージテイストのお部屋4 12畳・LDK、革張りソファで作る、おしゃれなヴィンテージテイストのお部屋5

ラグで部屋のテイストは決まる?

部屋の中でもラグの占める割合は広く、どんなラグを敷くかで部屋のテイストも左右されます。

今回は、ヴィンテージのバンダナをモチーフにした定番のバンダナラグで一気に雰囲気もUP!

12畳・LDK、革張りソファで作る、おしゃれなヴィンテージテイストのお部屋6

コーディネートに使っているアイテム

ヴィンテージバンダナをモチーフとしたバンダナラグシリーズ。

短めの毛足にやや硬めの生地で、独特な質感が気持ちいいラグです。
グレーとネイビーの2色から選べます。

相性のよい古材を生かして

まっさらできれいな状態よりも、かつては別の用途だったもの、味わいが増すまで使い込まれた古材はヴィンテージテイストとの相性はバッチリ!

12畳・LDK、革張りソファで作る、おしゃれなヴィンテージテイストのお部屋7

コーディネートに使っているアイテム

40~50年前のボートから取り出したチーク古材と、アイアンフレームとのコンビネーションが個性的な雰囲気のリビングテーブル。廃材・古材を使用しているので、商品一点一点に違いがあるのも魅力です。

コーディネートアイテム

※アイテムの仕様等により金額が変わることがあります。
※コーディネートアイテムの情報はコンテンツ公開時の情報となります。
※価格や在庫等の情報は直接、取り扱いブランドへお問い合わせください。

コーディネートサマリー

部屋種別 LDK
広さ 12畳(LD)
世帯 ファミリー
テイスト ヴィンテージ
ブランド journal standard Furniture
家具予算 約100万円
12畳・LDK、革張りソファで作る、おしゃれなヴィンテージテイストのお部屋平面1 12畳・LDK、革張りソファで作る、おしゃれなヴィンテージテイストのお部屋平面2

この部屋の別のコーディネート

このコーディネートを気に入りましたか?

▼コーディネートアイテム一覧