17畳・LDK、名作家具が際立つ北欧インテリアをコーディネート

17畳・LDK、名作家具が際立つ北欧インテリアをコーディネート

今回は北欧インテリアの中でもブランドとされている名作家具を主役にコーディネートしました。

レイアウトに関しては、リビング部分とダイニング部分を分けて使える間取りとなっていますので、それぞれの役割をはっきりと持たせることのできる配置にしています。

奥深いデザイン性と機能性を兼ね備えた名作家具を取り入れた、素敵なお部屋となっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コーディネートアイテムを見る

このコーディネートのサマリーを見る

この部屋の別のコーディネートを見る

北欧家具の名作と言えばコレ!

今回は、ダイニングチェアに絞って名作家具を入れ込みました。
この「Yチェア」はハンス・J・ウェグナーの代表作で、1点1点手作業で作りこまれ、座面は紙のペーパーコードで出来ています。お部屋の主役にもってこいの逸品です。

17畳・LDK、名作家具が際立つ北欧インテリアをコーディネート1

主役を活かすのはシンプルなレイアウト!

お気に入りの家具やこだわりのポイントを活かす為には、他をごちゃごちゃさせないことが大切です。
特にデザイナーズ家具を主役にする際には、その存在を最大限引き出すシンプルさを取り入れましょう。

17畳・LDK、名作家具が際立つ北欧インテリアをコーディネート2

リビング学習でコミュニケーションを!

リビングにお子様が勉強できるスポットを配置するレイアウトは、親の目が近くにあることでコミュニケーションや学習効率も高まり人気となっています。快適なインテリア空間で、学びと共にコミュニケーションを育みましょう!

17畳・LDK、名作家具が際立つ北欧インテリアをコーディネート3

天井を高くみせよう!

家具全体の重心を低くすることで天井を高く感じることが出来ます。天井が高く感じると、自然と部屋が広く感じますので快適にくつろげるお部屋になりますよ。部屋が窮屈に感じる…という方は、ぜひ背の低い家具を選んでみてはいかがでしょう。

SEMPREの「 SO-10 リコ」なら、奥行が浅くローポジションなので、コンパクトなスペースでも圧迫感を感じることがなくおすすめですよ。

17畳・LDK、名作家具が際立つ北欧インテリアをコーディネート4

カーテンはシェードですっきり!

シェードとは、一般的な表開きのカーテンと違いブラインドの様に上下に開閉するカーテンの事を言います。
基本的にはカーテン生地でつくる事が出来ますのでお好みの色柄ですっきりした空間を提供出来ます。

17畳・LDK、名作家具が際立つ北欧インテリアをコーディネート5

窓が見えるインテリアをつくろう!

ソファに座った際に、正面が壁か窓かで感じる印象が大きく変わってきます。
正面や視界に多くの窓が入る事で開放感が生まれ広々と感じることが出来ます。

17畳・LDK、名作家具が際立つ北欧インテリアをコーディネート6

Coordinate&Text=CO2create http://co2create.verse.jp/interior-studio.com/

コーディネートアイテム

コーディネートサマリー

部屋種別 LDK
広さ 17畳(LD)
世帯 ファミリー
テイスト 北欧
ブランド SEMPRE
家具予算 約83万円
17畳・LDK、名作家具が際立つ北欧インテリアをコーディネート平面1 17畳・LDK、名作家具が際立つ北欧インテリアをコーディネート

この部屋の別のコーディネート

このコーディネートを気に入りましたか?

▼コーディネートアイテム一覧