6畳・2DK、2人暮らしのお部屋をIDEEでコーディネート

2DK(DK8畳+洋室6畳×2)、2人暮らしのためのお部屋を、IDEEのインテリアでコーディネートしました。
奥様が在宅でお仕事をされていて、ワークスペースをご希望とのこと。

2DK の3部屋、それぞれ空間やスペースを分けたり、テイストを緩やかに変化させたりすることで、「働く」「寝る」「料理する」「食べる」「くつろぐ」在宅ワーカーの奥様がONとOFFの切り替えがしやすいようなお部屋にしました。

コーディネートアイテムを見る

このコーディネートのサマリーを見る

この部屋の別のコーディネートを見る

シェルフで仕切ってワークスペースを

寝室の窓際にワークスペースを設けました。

シェルフで仕切って、その上にグリーンを置いただけでも、囲われた感が出て、ちょっと独立した空間になります。デスク上のランプは、右利きの方の場合、左側に置くと、影ができなくていいですよ。

ナチュラルモダンな寝室&ワークスペース

木の温もりが感じられる家具と、白・ベージュ・グレーの優しい色づかいで、落ち着いた雰囲気のお部屋にしました。

リラックスして眠れるのはもちろん、奥様のお仕事もはかどることでしょう。

レトロモダンなダイニング

長大作氏が50年代にデザインした、3本脚が特徴的なダイニングテーブルを中央に配置。

半世紀以上経っても色褪せることないデザインながらも、ブラウンの色味がほっこりと、どこか懐かしさを感じさせるようなテーブルです。

同シリーズのチェアは、ディスプレイ感覚で窓際に置いて、ダイニングで使うチェアは、あえて違うシリーズのものを合わせました。テーブルとチェア、同じシリーズで揃えるのもいいですが、違ってもOK。

2脚、バラバラの椅子を置くのも、おしゃれですよ。

家電収納にも一工夫

キッチンの並び、冷蔵庫横のシェルフはスチールラックと無機質なものを、ダイニングテーブル横のシェルフは、木製で温かみを感じさせるものを選び、キッチンとダイニングの空間の違いを感じさせるようにしました。

また、ダイニングテーブルの下にラグを敷くことで、ダイニングスペースの空間を意識させることにもつながります。

シンプルモダンなリビング

奥様だけでなく、ご主人も過ごす時間の長いリビングは、シンプルモダンな家具でコーディネートしました。

ソファやテーブルの脚、照明等、スチール素材や黒が使われていて、ラインが細いことで、モダンでスタイリッシュな印象になります。

ただ、リビングはくつろぐ場所でもあるため、スタイリッシュになりすぎないよう、ラタンのスツールやラウンドクッションでバランスを取りました。

補色コーディネートでおしゃれ度アップ

IDEEのソファ、張地の選択肢が多いのも魅力の1つ。

こちらのソファは、座面と背もたれの部分が選べるので、補色でコーディネートしてみました。補色とは、反対色とも言われ、互いの色を最も目立たせる(引き立てる)色の組み合わせです。

合わせ方によっては、落ち着かなくなることもありますが、上手に取り入れれば、おしゃれ度アップ間違いなしです。

コーディネートアイテム

アイテム合計金額 ¥1,740,420(税込)

※アイテムの仕様等により金額が変わることがあります。
※コーディネートアイテムの情報はコンテンツ公開時の情報となります。
※価格や在庫等の情報は直接、取り扱いブランドへお問い合わせください。

コーディネートサマリー

部屋種別 2DK
広さ 8畳(DK)+6畳(洋室)+6畳(洋室)
世帯 二人暮らし、ファミリー
テイスト ナチュラルモダン・レトロモダン・シンプルモダン
ブランド IDEE
家具予算 約174万円

この部屋の別のコーディネート

このコーディネートを気に入りましたか?

▼コーディネートアイテム一覧