6畳・1DK、ゆったりとしたダイニングテーブルのある、ひとり暮らしの生活

6畳・1DK、ゆったりとしたダイニングテーブルのある、ひとり暮らしの生活TOP

今回は、30代前半の一人暮らし女性の部屋を、大塚家具にてコーディネートしました。

基本はナチュラルテイストですが、シンプル過ぎると殺風景になってしまうため注意が必要です。

家具の形がシンプルでも、部分的に小物やクッションなどで、ビビットなカラーやニュアンスのある色を入れることによって、空間に華やかさと深みが出ます。

コーディネートアイテムを見る

この部屋の別のコーディネートを見る

ゆとりのあるダイニングテーブルをフル活用

大きなダイニングテーブルがあれば、食事だけでなく、パソコンデスクとして、あるいは、料理の作業台としても使えます。

もちろん、たくさん料理が並べられるので、友達とパーティだって楽しめます。

6畳・1DK、ゆったりとしたダイニングテーブルのある、ひとり暮らしの生活1

ダイニングはナチュラルカラー+αで、楽しい空間に

白やナチュラル色の家具を基本としていますが、単調になり過ぎないように、ダイニングチェアの張地の色や、スタンドライト、アートなどの小物で、元気の出るアクセント色をプラスしています。

6畳・1DK、ゆったりとしたダイニングテーブルのある、ひとり暮らしの生活2

寛ぐスペースには、寒色と暖色を上手く組み合わせて

ソファは置かずに、ベッドをソファ兼用にできるようにクッションをたくさん置きました。ベッド廻りには、ブルーやグレーの落ち着いた色クッションを置き、ベッドの足元のラグは、鮮やかさを押さえたオレンジで暖かみを演出しています。

6畳・1DK、ゆったりとしたダイニングテーブルのある、ひとり暮らしの生活3

円形のラグもおすすめ

ラグは、ほとんど長方形のものが多いですが、円形タイプは空間に動きが生まれます。

また、円形は「この場所」というイメージもわからせるので、知らず知らずのうちに座っているかもしれません。

6畳・1DK、ゆったりとしたダイニングテーブルのある、ひとり暮らしの生活4

ブラインドとレースカーテンの組み合わせで、上級スタイル

光の調節がしやすい木製ブラインドは、機能的でもあり、インテリアをグレードアップしてくれるアイテムでもあります。

さらに、レースカーテンを組み合わせることによって、よりフェミニンな雰囲気を出すことができます。

6畳・1DK、ゆったりとしたダイニングテーブルのある、ひとり暮らしの生活5

キャビネットもディスプレイコーナーに

キャビネットの上のスペースを、グリーンや部屋が明るく見えるミラー、お気に入りのフォトフレームなどを置き、メインのディスプレイコーナーにしましょう。

出かける時、帰って来た時、元気と安らぎを与えてくれます。

6畳・1DK、ゆったりとしたダイニングテーブルのある、ひとり暮らしの生活6

コーディネートアイテム

アイテム合計金額 ¥257,710(税込)

※アイテムの仕様等により金額が変わることがあります。
※コーディネートアイテムの情報はコンテンツ公開時の情報となります。
※価格や在庫等の情報は直接、取り扱いブランドへお問い合わせください。

コーディネートサマリー

部屋種別 1DK
広さ 6畳+5畳
世帯 一人暮らし
テイスト ナチュラル
ブランド 大塚家具
家具予算 約26万円

6畳・1DK、ゆったりとしたダイニングテーブルのある、ひとり暮らしの生活平面1
6畳・1DK、ゆったりとしたダイニングテーブルのある、ひとり暮らしの生活平面2

この部屋の別のコーディネート

このコーディネートを気に入りましたか?

▼コーディネートアイテム一覧