6畳・1Kで男性の一人暮らし、バルセロナチェアが主役のかっこいい部屋

6畳・1Kで男性の一人暮らし、バルセロナチェアが主役のかっこいい部屋

お気に入りのソファーをメインアイテムに、シンプルでかっこいい部屋で一人暮らし。そんな都会的な暮らしに憧れますよね。

今回はバルセロナチェアを主役に、シンプルモダンテイストの大人っぽい雰囲気のお部屋をコーディネートしてみました。

コーディネートアイテムを見る

この部屋の別のコーディネートを見る

主役のソファにテイストをあわせて統一感のある空間に

バルセロナチェアに合わせて、ダークブラウンの家具をメインに構成しました。

シルバーやガラスの素材のテーブルを合わせればより統一感のあるモダンでスタイリッシュな空間を作ることができます。

6畳・1Kで男性の一人暮らし、バルセロナチェアが主役のかっこいい部屋

照明にもこだわって雰囲気のあるお部屋に

メインはフロストアクリルとプリーツ布地セードのシーリングで上品で優しい光を、ソファーの横には読書の時などにも活用できるスタンドライトを、ベッドサイドには足元を照らすフロアイトを配置し、さまざまな角度から光を調整することで空間に奥行きが生まれます。

6畳・1Kで男性の一人暮らし、バルセロナチェアが主役のかっこいい部屋

6畳という限られた空間、ベットの下も有効に活用

収納付きのベットにすれば、大きな荷物もすっきり、奥に柱があるのでベッドを窓際まで寄せずスペースを確保しました。

ブラインドにすればよりすっきりします。

6畳・1Kで男性の一人暮らし、バルセロナチェアが主役のかっこいい部屋

収納力のある大き目のTVボードを置いても重たい印象にならない工夫

他に色々と家具を置くより大き目のテレビボードを一つにして余分な家具を置かないことで床面を広く開けることができるので、濃いめのラグを引いても狭く感じません。

サイドには抜け感のある家具やグリーンを配置して立体感を演出しましょう。

場所をとる大きなコーヒーテーブルは置かない

大き目のコーヒーテーブルを置くと便利ですが、床の見える面積が減り、部屋が狭く感じてしまいます。

ガラスのテーブルだけだと、字を書いたり食事をしたり不便なこともあるかと思うので、テレビボードの横に小さめのテーブルをもう一つ用意して、使うときだけ持ってくることで普段は部屋を広くすっきりさせることが可能になります。

全体的に色味を抑えることでまるでホテルのような上質な空間に

モダンなデザインの家具で全体的にまとめ、色味を抑えたインテリアで統一していますが、曲線のデザインの家具やグリーンも取り入れ、布地の照明やラグを敷くことで柔らかさや温かさも感じることができ、スタイリッシュでありながらもほっとできる自分だけの空間にすることができます。

6畳・1Kで男性の一人暮らし、バルセロナチェアが主役のかっこいい部屋

コーディネートアイテム

アイテム合計金額 ¥ 839,460(税込)

※アイテムの仕様等により金額が変わることがあります。
※コーディネートアイテムの情報はコンテンツ公開時の情報となります。
※価格や在庫等の情報は直接、取り扱いブランドへお問い合わせください。

コーディネートサマリー

部屋種別 1K6畳
広さ 6畳
世帯 一人暮らし
テイスト シンプル、モダン
ブランド 大塚家具
家具予算 約84万円
6畳・1Kで男性の一人暮らし、バルセロナチェアが主役のかっこいい部屋 6畳・1Kで男性の一人暮らし、バルセロナチェアが主役のかっこいい部屋

この部屋の別のコーディネート

このコーディネートを気に入りましたか?

▼コーディネートアイテム一覧