6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋

6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋

1DK(6畳+5畳)30代女性、一人暮らしのお部屋です。

ヴィンテージ家具というと、『武骨な』『重厚な』といった男性的なイメージになりがちなところを、journal standard Furnitureのインテリアで、大人可愛いヴィンテージテイストのお部屋にコーディネートしました。

6畳のダイニングキッチンは、出入り口のドアから隣の部屋への動線を確保して、ダイニングテーブル&チェアは壁に寄せて配置しました。

5畳のお部屋は、ベッドを窓際に寄せ、手前にソファを配置。5畳のワンルームにベッドとソファを置くと、少し窮屈かもしれませんが、今回は、引き戸を開けて、隣のダイニングキッチンとつなげて使うことで、スペースに余裕ができるので、無理なく置けるでしょう。

コーディネートアイテムを見る

この部屋の別のコーディネートを見る

ディテールがかわいいソファ

インダストリアルな雰囲気が魅力の「DERUSSY SOFA デロシーソファ」。

カーキ色や、背面と脚のスチールがかっこいい!!

でも、よく見ると、クッション部分にはボタン絞りのデザインが施されていて、実は、ちょっとかわいいソファです。

6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋 6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋

個性的な織りのラグで華やかに

ヴィンテージテイストというと、『武骨な』『重厚な』と男性的なイメージの中、個性的な織りで華やかさもある「オーバーショット リバーシブルラグマット」を選びました。

リバーシブルで使えることもポイントで、気分や季節によって、ネイビーをメインにしたり、赤をメインにしたり、楽しめます。

6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋 6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋

白系の小物でさわやかさをプラス

ヴィンテージテイストの家具は、暗めのカラーが多く、重たい印象になりがち。

そこで、白系の小物を選んで、さわやかさをプラスしました。

1つだけだと浮いてしまうので、複数取り入れて、リンクさせることもポイントです。(収納ボックスと観葉植物の鉢)

6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋

線の細い、角のない家具で女性らしい雰囲気に

ベッド、ダイニングテーブル&チェアは、線の細いアイテム、角のないアイテムを選びました。

そうすることで、ヴィンテージテイストでも、女性らしい雰囲気のお部屋になります。

6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋 6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋

異素材を上手に取り入れよう

スチール、ウッド、レザー、異なる素材を上手に取り入れることで、オシャレ度がアップ!

また、それぞれ綺麗な仕上げのものより、ラフな仕上げのものを選ぶと、よりヴィンテージ感が増します。

6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋

よく通る場所は、動きやすいことを優先に

キッチンとダイニングの間は、動線を広く確保して、動きやすいようにしました。

ドアを入って、隣のお部屋への通り道にもなりますし、キッチンで作業している時にもダイニングへ、隣のお部屋へ、どちらにもスムーズに行けます。

6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋

コーディネートアイテム

アイテム合計参考金額 ¥ 480,000(税抜)
※アイテムの仕様等により金額が変わることがあります。
※コーディネートアイテムの情報はコンテンツ公開時の情報となります。
※価格や在庫等の情報は直接、取り扱いブランドへお問い合わせください。

コーディネートサマリー

部屋種別 1DK
広さ 6畳+5畳
世帯 一人暮らし
テイスト ヴィンテージ
ブランド journal standard Furniture
家具予算 約48万円

6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋
6畳・1DK、ヴィンテージテイストのインテリアの一人暮らし女性の部屋

この部屋の別のコーディネート

このコーディネートを気に入りましたか?

▼コーディネートアイテム一覧