8畳・1LDK、一人暮らしの部屋のリビングと寝室を分けるレイアウトのポイント

8畳・1LDK、一人暮らしの部屋のリビングと寝室を分けるレイアウトのポイント

1LDK(8畳+6)30代男性一人暮らしのお部屋を、無印良品のインテリアでコーディネートしました。

無印良品といえば、雑貨はもちろん、家具も機能的でシンプルなものが揃っています。コーディネートに自信のない方でも、無印良品の家具で揃えれば、シンプルでスッキリとしたお部屋になること間違いなしです。

今回は寝室とリビングを分けたい、LDKでは食事と仕事もしたいというご要望を取り入れて、6畳のお部屋にはゆったりとベッドを配置し、8畳のLDKには、リビングとダイニングを兼ねたソファ&テーブル、仕事用のデスクを配置しました。

コーディネートアイテムを見る

このコーディネートのサマリーを見る

この部屋の別のコーディネートを見る

リビングとダイニングを兼ねたソファ&テーブルで快適に

スペースを有効活用できるように、「リビングでもダイニングでもつかえるソファチェア」と「リビングでもダイニングでもつかえるテーブル」を選びました。コンパクトなスペースで快適に過ごすことができます。

連結部を外せば、一人掛けのソファにすることもできますし、もう1脚つなげて3人掛けにすることもできるので、生活スタイルの変化に合わせて、いろいろな使い方ができるのもうれしいですね。

8畳・1LDK、一人暮らしの部屋のリビングと寝室を分けるレイアウトのポイント

仕事用のデスクは壁に向けて配置

LDKに仕事のスペースを作る場合、どうしても、TVやキッチンの生活感があるもの等、目に入りやすくなります。

そこで、仕事用のデスクは、壁に向けて部屋の角に配置しました。それだけで、同じ部屋でも、集中できるような空間を作り出すことができます。

8畳・1LDK、一人暮らしの部屋のリビングと寝室を分けるレイアウトのポイント

無垢材デスク、2つ並べて統一感を

仕事用のデスクは、「無垢材デスク・オーク材」を選びました。

オーク材、木そのものの魅力を生かしたシンプルなデザインは、LDKに置いても、馴染むことでしょう。

また、本や書類等、デスク周りで使うものを置くために、2台デスクを並べました。そうすることで、作業するデスクの上は、パソコンとライトのみになり、広々と仕事をすることができます。

またユニットシェルフ等の他の家具にすると、デスクと高さや奥行きが違って、統一感が出ないので、同じデスクを2つ並べて、スッキリとさせました。

デスク下の空いたスペースは、来客時にダイニングで使える「重なるテーブルベンチ」を収納する場所としてもぴったりです。

8畳・1LDK、一人暮らしの部屋のリビングと寝室を分けるレイアウトのポイント

見せるもの、見せないものを分けて、収納を

収納は、よく使うものは、できるだけ少ない動作で取り出せるようにしておくといいですよ。

だからといって、全部見せて収納するのは、片付け上手な人でない限り、ハードルが高いことでしょう。見せるもの、見せないものに分けて、上手に収納ボックスを活用すると、散らかることなく、お部屋をきれいに保つことができます。

収納の高さや奥行きを揃えることもきれいに見せるポイントです。

8畳・1LDK、一人暮らしの部屋のリビングと寝室を分けるレイアウトのポイント

セミダブルのベッドでゆったりと眠れる空間に

寝室は、セミダブルのベッドを置いて、ゆったりと眠れるような空間にしました。

ベッドのサイズ、一人暮らしの1ルームだと、シングルサイズを置くことがほとんどでしょう。シングルは、横幅が1mですが、セミダブルは1.2m。今回のお部屋のように、独立した寝室にする場合は、6畳でもセミダブルサイズが十分に置けますよ。

8畳・1LDK、一人暮らしの部屋のリビングと寝室を分けるレイアウトのポイント

お部屋ごとにアクセントカラーを変えよう

LDKと寝室、お部屋のアクセントカラーを違うものにして、気分を変えられるように、コーディネートしました。LDKはグレー系、寝室はブルー系にしています。

家具は、どちらもオーク材で同じ色や質感になるようにしているので、アクセントカラーを変えても違和感はありません。

8畳・1LDK、一人暮らしの部屋のリビングと寝室を分けるレイアウトのポイント 8畳・1LDK、一人暮らしの部屋のリビングと寝室を分けるレイアウトのポイント

コーディネートアイテム

アイテム合計金額 ¥943,700(税込)

※アイテムの仕様等により金額が変わることがあります。
※コーディネートアイテムの情報はコンテンツ公開時の情報となります。
※価格や在庫等の情報は直接、取り扱いブランドへお問い合わせください。

コーディネートサマリー

部屋種別 LDK
広さ 8畳+6畳
世帯 一人暮らし
テイスト シンプル
ブランド 無印良品
家具予算 約90万円
8畳・1LDK、一人暮らしの部屋のリビングと寝室を分けるレイアウトのポイント 8畳・1LDK、一人暮らしの部屋のリビングと寝室を分けるレイアウトのポイント

この部屋の別のコーディネート

このコーディネートを気に入りましたか?

▼コーディネートアイテム一覧