9畳・LDK、リビングで打ち合わせができるSOHO一人暮らし

9畳・LDK、リビングで打ち合わせができるSOHO一人暮らしTOP

SOHOとして使っている9畳+5畳の1LDKの間取り。

仕事に集中出来る様に、パブリックスペース(リビング・ダイニング)とプライベートスペース(寝室)をしっかりと分けています。

打ち合わせに使うリビングスペースは多人数に対応できるように考え、他は小ぶりな家具でまとめてスッキリとしたインテリアになっています。

コーディネートアイテムを見る

このコーディネートのサマリーを見る

この部屋の別のコーディネートを見る

ダイニングスペースはコンパクトに

ダイニングを最小限にする事で、打ち合わせや仕事のスペースとなるリビングを広くとっています。

「食事をするだけの場所」と割り切ればコンパクトにまとめられます。

9畳・LDK、リビングで打ち合わせができるSOHO一人暮らし1

仕事スペースもコンパクトにまとめて

パソコンデスクは壁に向けて仕事以外のものが目に入らないように配置。

書棚も隣に配置して参考資料等も手に届く様にしています。

ゆっくり資料を見たい時はリビングスペースのソファーに座りながら作業が出来ます。

9畳・LDK、リビングで打ち合わせができるSOHO一人暮らし2

打ち合わせスペース

打ち合わせでは数人が座れるようにソファーをL字で二脚置いています。

L字レイアウトの場合は正方形のリビングテーブルが使いやすいです。

正方形のこたつテーブル(PINON)をリビングテーブルとして使っています。

9畳・LDK、リビングで打ち合わせができるSOHO一人らし3

コンパクトなソファーでスッキリ感

ひじ掛けが無く背も低いコンパクトなソファー(PURI)は二台置いてもスッキリとした空間になります。

背の高い家具は壁面へ置く事で圧迫感も抑えられます。

9畳・LDK、リビングで打ち合わせができるSOHO一人暮らし

アクセントは大胆に

マンションでよくある柱の出っ張り。

そんな出っ張りに大胆な模様の壁紙を貼る事で部屋のアクセントになります。

他の家具も引き立つのでアクセントは大胆にしてみましょう。

9畳・LDK、リビングで打ち合わせができるSOHO一人暮らし5

寝室はもう一つのくつろぎスペース

ベッドを窓際に置いて、空いたスペースにゆったりと出来る一人掛けのソファーを置く事で、リビングとは違うもう一つのくつろぎスペースを作っています。

寝る前のひと時、優雅な時間が流れます。

9畳・LDK、リビングで打ち合わせができるSOHO一人暮らし6

コーディネートアイテム

アイテム合計金額 ¥476,620(税込)

※アイテムの仕様等により金額が変わることがあります。
※コーディネートアイテムの情報はコンテンツ公開時の情報となります。
※価格や在庫等の情報は直接、取り扱いブランドへお問い合わせください。

コーディネートサマリー

部屋種別  1LDK
広さ  9畳+5畳
世帯  一人暮らし
テイスト  ナチュラル
ブランド  Re:CENO
家具予算 約48万円

9畳・LDK、リビングで打ち合わせができるSOHO一人暮らし平面1
9畳・LDK、リビングで打ち合わせができるSOHO一人暮らし平面2

この部屋の別のコーディネート

このコーディネートを気に入りましたか?

▼コーディネートアイテム一覧