10畳〜13畳・正方形のリビングダイニング、レイアウトのポイントまとめ

10畳・LDK、ダイニングテーブルを置かないレイアウト!西海岸風インテリアコーディネート

キッチンをふくめると縦長に見えるリビングダイニングも実は正方形に近いことが多い、「正方形のリビングダイニング」。

縦長のリビングダイニングと比べると、狭くても広くても、家具の配置が難しいのが特徴です。ダイニングテーブルとソファ、どちらも置いてみようとすると入りきらないですし、小さいサイズにすると無駄にスペースがあまってしまって、どうすればよいかわからなくなりますよね。

そこで今回は、3つのポイントに分けてコーディネート参考例をご紹介いたします。

ソファダイニングを使う

正方形のリビングダイニングはダイニングテーブルも、ソファも配置するのが難しい・・・そこで、ソファダイニングが大活躍。食事もでき、ソファのようにくつろぐこともできます。

スペースに余裕ができ部屋が広く見えます。

10畳〜13畳・正方形のリビングダイニング、レイアウトのポイントまとめ 10畳〜13畳・正方形のリビングダイニング、レイアウトのポイントまとめ

ソファをメインにしたレイアウトにする

ダイニングテーブルもソファも配置できないのであれば、暮らしに合わせてどちらかをメインにする方法もあります。

ダイニングテーブルはカウンターなどにしてコンパクトに、その分、大きめのソファをメインにした正方形のレイアウトです。気づけば、ご飯はリビングで食べている方や、こたつや床に近い生活が好きな方はおすすめです。

10畳・LDK、ダイニングテーブルを置かないレイアウト!西海岸風インテリアコーディネート 10畳・LDK、ダイニングテーブルを置かないレイアウト!西海岸風インテリアコーディネート

ダイニングをメインにしたレイアウトにする

今度は、ソファをメインにしたレイアウトとは逆に、ダイニングテーブルをメインにしたレイアウトです。

ダイニングテーブルは家族が使える大きさにして、ソファスペースを省スペースにしています。ポイントはテレビ台をダイニングからも見える高さにすること。

リビングテーブルが置けない分、サイドテーブルがあると便利ですよ。

正方形リビングダイニング 10畳・正方形リビングダイニング、家具の配置が難しい部屋のレイアウト

広めの正方形リビングダイニングでは?

広めの正方形リビングダイニングはソファもダイニングテーブルも配置できますが、スペースが無駄にあまってしまうのが難点です。

そこで、スペースをうまく使うことがポイントになってきます。圧迫感のないソファをもう1台置いてみたり、収納でスペースを仕切ったり、工夫してみましょう。

18畳・LDK、憧れのアントチェアを置きたい!戸建てリビングを北欧モダンテイストに 18畳・LDK、憧れのアントチェアを置きたい!戸建てリビングを北欧モダンテイストにTOP

このコーディネートを気に入りましたか?

▼コーディネートアイテム一覧