狭い部屋を広く見せたい!リビングダイニングのレイアウト例5選

狭い部屋は多くの人が感じる、インテリアにおけるお悩みです。

部屋の広さの感じ方は人それぞれですが、部屋の畳数とは関係なく、家具のレイアウトなどで部屋が狭く見える原因を作ってしまっている可能性もあります。

今回は、部屋が広く見えるポイントを取り入れた部屋のコーディネート例を紹介します。どれかひとつを取り入れて試してみませんか?

引き算で部屋を広く見せる

狭い部屋はコンパクトなサイズの家具が活躍します。

リビングダイニングではさらに広く見せる工夫としてローテーブルをなくす、ダイニングチェアの背もたれをなくすなど、家具を減らしていく引き算の方法があります。実は使っていないけど場所をとっているものを取り除いてみましょう。

狭いリビングダイニングの部屋のコーディネート例5選その1
狭いリビングダイニングの部屋のコーディネート例5選その2

白とナチュラルカラーで部屋を明るく!

白には空間を明るく見せる効果があり、部屋に効果的に取り入れると広がりを感じることができます。家具やラグに白を使用し、狭い部屋をおしゃれにコーディネートした参考例です。


視線の抜けを意識して広く見せる工夫

視線の抜けを感じる家具を選ぶことも部屋を広く見せるポイントです。

例えば、ガラス素材の家具や、細めの脚付きソファやテレビ台など。板状にどっしりした家具よりも、抜けの感のある家具の方が軽やかに見せてくれます。

9畳・LDK、狭いリビングダイニングを広々みせる空間にコーディネート 9畳・LDK、狭いリビングダイニングを広々みせる空間にコーディネート

家具を一箇所にまとめて配置し、スペースをつくる

狭く感じる原因には、スムーズな動線(人の通るスペース)がとれていないということも。

家具をまとめて配置し、床をまとめて見せると部屋を広く見せる効果があります。また、暮らしやすい動線で部屋の狭さも感じさせません。

10畳・LDK、ウィンザーチェアを使ったディノスのナチュラルインテリア 10畳・LDK、ウィンザーチェアを使ったディノスのナチュラルインテリア

大きな家具を工夫して有効活用する

兼用できる家具を使用する

ソファのようにくつろぎながら食事もできるソファダイニング。カフェのようにおしゃれになると人気の家具です。

ソファダイニングは省スペースでレイアウトできるため、狭い部屋で大活躍。ゆったりくつろげるリビングダイニングになりますよ。

12畳・縦長LDKのレイアウト、ソファダイニングでおしゃれなリビングダイニングに

必要な家具だけ選ぶ

ダイニングテーブルとソファの両方を置くにはスペースが足りないという場合は、どちらかをメインにして、どちらかを置かないという選択もあります。

ダイニングテーブルで夕食を食べることが少なければ、朝食だけサッと食べられるコンパクトなカウンターテーブルを使うと省スペースになります。そうすれば、スペースで諦めていたお気に入りのソファを使うこともできますよ!

11畳・角部屋のリビングダイニング、GilSofaで憧れのカフェ風&ヴィンテージインテリア
11畳・角部屋のリビングダイニング、GilSofaで憧れのカフェ風&ヴィンテージインテリア

このコーディネートを気に入りましたか?

▼コーディネートアイテム一覧